プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
さくらんぼ速報
6月の声を聞くと待ち遠しくなってくるのが…

DSC_1610.jpg

さくらんぼです。

今日はさくらんぼを作っている農家さんで写真を撮らせてもらいました。

この写真は「紅さやか」という品種。

見ているだけで…(ジュル)

でも「いや、こいつはうまくねぇんだ。やっぱり佐藤(錦)だべ」とのこと。


月舘では佐藤錦は6月中旬から下旬までの出荷になりそうです。

直売所「やさい工房」では宅配も受付いたしまーす♪


さくらんぼが終わるといよいよ桃の季節。

気になるのは「エルニーニョ現象」。

冷夏にならないよう祈るばかりです。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
郷土料理
今日はこの地方の郷土料理を地元の方と一緒に作ってみました。郷土料理といってもいろいろありますが、季節的にだんご汁といか人参、ひきないりの3品を。ひきないりは醤油味、塩味、味噌味の3種類です。

まずはひきないりから。大根は皮付きのまま輪切りにし、それを千切りにしていきます。太さはお好みで。今回は人参も使います。人参は繊維にそって薄切りにし、さらに千切りにします。

b13020301.jpg


(余談)「ひきな餅って食べますか?」「あれぐれぇうまいもんはねぇよ」私は食べたことありませんが、この辺ではやはりポピュラーなようです。

(余談)「青首大根は水分が多いから廊下でちっと干すんだ。うまぐなっから」

(余談)「昔は婚礼の前には『くるみご飯』を食った。くるみを炊きこんだ塩味のご飯。なんでかんで『くるみご飯』だった。オレが嫁に来た頃だから今から50年くれぇ前」


大根はフライパンでからいりします。味付けと一緒に油を少々。味付けは砂糖+塩または醤油または味噌。塩味のひきないりはさっぱりとしてなかなかおいしい。一番人気は味噌でした。

b13020302.jpg



次はいか人参。スルメを戻すのは酒でもいいが、今回は戻さないで使います。細切りにした人参をボールに入れて塩少々を振ります。人参がしんなりしたところでスルメをいれます。

砂糖、みりん、酒、醤油の順に入れながらその都度材料とあえていきます。調味液を煮切る方も多いかもしれませんが、今回は生(き)のまま入れます。

b13020303.jpg


普通は数日置いてから食べますが、この状態でもなかなか美味。

b13020304.jpg


最後はだんご汁。この辺りはソバではなく小麦食文化地帯。「毎日のようにだんご汁を食った」そうです。

ダシは煮干しのみ。具は野菜いろいろ、凍み豆腐に油揚げ。肉は使いません。凍み豆腐やゴボウは「味出し」に欠かせない具材です。(この「味出し」という言葉、よく使いますね)

団子は小麦粉に少しずつ水を加えて練っていきます。よく「耳たぶの硬さ」と言いますが、もっとドロっとした感じ。

b13020305.jpg


具材が煮えたら味噌、醤油、塩で味をつけ、団子を投入します。団子は「さじ」で。「手ですくったり杓子ですくったりしたから、昔は団子がおっきかった」

b13020306.jpg



今回教えてくださったのは月舘町在住の自然食料理研究家・「よーこばっぱ」こと本田洋子さん。うどん打ちの指導も時々お願いしています。

地域おこしと言われていますが、なにか新しいものを作るにせよ自分たちのバックボーンを再確認しないと、土台を作らずに家を建てるようなものです。

自分たちがどんなことをして暮らしてきたのか、どんなものを食べてきたのか。そこに物珍しさ、新しさを感じる人々もいるのは事実。「さもねぇ(大したことない)」ことを見直すことから。

web拍手 by FC2
春の味・あれこれ
今日のソラノカタチ。

20120411_082257.jpg

芝生はまだ冬の色。

ところどころ生えている雑草はすっかり春らしく、青々しているのですが(^^;)


春といえば、アサツキの次はクキタチ菜。

アブラナ科の、トウ立ちした茎と花蕾を食用にするものをこのへんではクキタチと総称しています。

基本はおひたし。

うまく茹でると、茎の部分のコリコリとした食感と、微かにほろ苦い花蕾が癖になる味。

炒めものもおいしいです。


さて、茎は太いものと細いもの、どちらがおいしいでしょう?

答えは太いもの。

太いと硬そうに感じますが、実際に筋張っているのは細いもの。

春一番に伸びる太い茎は見た目に反して歯切れ良く、甘みもあっておいしい。

細いのは脇芽として伸びてくるもの。2番、3番と遅く収穫したものほど、細く、筋張ってきます。

もちろん、花が咲くと太い茎でも硬くなります。


フキノトウは一部の地域で出荷制限になりました。

一度に、おそらく数十グラム程度しか食べないものだし、毎日食べ続けるものでもないのに。

それでも決まりは決まり。販売はできません。


昨秋蒔いた菜の花もだいぶ花茎を伸ばして、蕾も色づいて。

20120411_082054.jpg





つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村




web拍手 by FC2
こんな日はお鍋で
今日のソラノカタチ。

ソラノカタチ

ちぎれ雲にうっすら暮色。


いや~今日は寒いですね~。



日差しもあったものの、ずっと雪が降っていました。積もらなくてよかったですが。

日が暮れて気温もさらに落ちてきました。日差しがあれば融けた雪も、これからの時間は積もることになるでしょう。


こんな晩はお鍋でしょう。やっぱり。

水炊きで、具材は白菜や春菊、水菜などの葉物野菜、豆腐、豚の薄切り肉、鳥モモ、つくねなんかもいいですね。

タレはポン酢、薬味はネギ、七味、スリごま。燗酒はもちろんですが、鍋であったまるから冷酒の方がいいかな。

こういう時はテレビも消して。ホラ、みんなの意識が鍋に集中して一体感も味わえて。

シメはうどん?雑炊?おもちはどちらにでも合いますね。

まぁ、うちは3日くらい同じ鍋でいきますけど。


準備も切るだけだし、片づけものも少ないし。冬の定番メニューですね。

どうですか?今夜あたり。




つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
花わさびシーズン開幕!
だいぶ暖かくなりました。今日は防寒着無しで外作業もOKでした。


今日の作業はバラの剪定。ブッシュローズ、オールドローズを剪定しました。

オールドローズは昨年末に移植して防寒用に不織布をかけておいたもの。観察すると、芽が動き始めていたので、思い切って不織布を外し、剪定・フェンスに誘引しました。

剪定・誘引したオールドローズは春にしか咲かないので、剪定に失敗すると来年まで花はお預け・・・大丈夫かな?


さて、昨日から直売所「やさい工房」に月舘代表春の香り「花わさび」が登場しました!



根わさびとはまた違って、シャキシャキの食感と独特の香りがおいしい。これから4月中旬くらいまでの期間限定。辛さはもちろん、わさびです。でも、この辛さを出すのにコツがいるんですが。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。