プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
アイルランドと落語がひとつになった日
9月27日(土)、東京都の国立駅南口ではおりしも秋の祭礼で賑やかに。

通りには露天が立ち並んでいます。

子供たちはお父さんやお母さんと一緒に山車を牽き、大人達はかけ声も勇ましく神輿を担いで。



東京は国立駅から徒歩数分のところにある「音楽茶屋 奏」。

雑居ビルの地下にあるこじんまりとした、隠れ家のようなその場所にも時折その音が聞こえてきます。

小さな店内には30人近い人々。

視線の向かう先には守安功さん。


今日はこのお店で守安さんご夫妻のアイルランド音楽と三遊亭わん丈さんという若手落語家さんのコラボが行われました。


守安さんはこの夏、つきだて花工房のアニバーサリーコンサートに、アイルランドの風を運んできた演奏家です。

その時はチェンバロと、今回はアイリッシュハープ、コンサーティーナというアコーディオンなどと笛のハーモニーを楽しませていただきました。

花工房でのコンサートも客席が間近ですが、ここは格別。

一番前の席だと演奏者と数十センチの距離。

守安さんはお客さんからリクエストを受けながら次々と曲を演奏、そのたびにお客さんとの距離はどんどん縮まっていきます。

守安さんと対照的に小柄な奥様との息もぴったり。

軽妙なしゃべりも楽しく。


そして落語へバトンタッチ。

なんと!守安さんの笛と奥様のハープを出囃にわん丈さんが高座へ。

休憩を挟んでの3席で古典江戸落語の「牛ほめ」という噺と自らの新作、そして新古典(?)「がまの油」を披露。

客席は笑いの渦に。


やはり笑いはいいですね。

震災直後、福島に必要なのは「笑い」じゃないか、と真剣に考えた時期がありました。

現在、かなりの部分が以前に戻ったように感じますが、まだまだ厳しい状況にいる方もたくさんいらっしゃいます。

たとえ一時でもそんなことを忘れられるように。


いつかこの笑いに包まれた空気を花工房にも持ってきたい。

そんなことを思いながら会場をあとにしました。

b14092701.jpg

左から三遊亭わん丈さん、守安功さん、奥様の雅子さん
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
11回目の誕生日
8月8日(金)、つきだて花工房は11回目の誕生日を迎えました。

花工房の誕生日を記念して毎年開催している「アニバーサリーコンサート」。

今年は恒例のチェンバロに加え、笛の守安 功さんをお迎えしました。

笛はリコーダー、アイリッシュ・フルート、ホイッスルで、音色はもちろん、独特の演奏法も楽しめました。

DSC_1769m.jpg

守安さんは今でも一年のかなりの時間をアイルランドで過ごしているとのこと。

途中、アイルランドの風景や人のスライドショーを挟みながら楽しいおしゃべり。

ふだん、余り馴染みのない国ですが、一気に親しみがわきました。

一度本場でアイルランド音楽を味わってみたいですね。

web拍手 by FC2
記念すべき創立日に
いよいよ8月。

7月は結局一度もBlogを更新せずじまい…これは猛省しなければ。

で、8月といえば恒例の「アニバーサリーコンサート」を開催します。

期日はもちろん、つきだて花工房の創立日、8月8日です。

今年は「アイルランド そして イングランドの風に乗せて」と題して、チェンバロと笛のハーモニーをお楽しみいただきます。

笛を演奏するのは守安功さん。

お届けする笛の音はアイリッシュ・フルート、リコーダー、ホイッスル。

また、今回は守安さんが撮影したアイルランドの写真を、ご本人の解説と共にご覧いただくコーナーも設けました。

いろいろと初の試み満載のコンサート、ぜひご期待ください。

いよいよ8月。

7月は結局一度もBlogを更新せずじまい…これは猛省しなければ。

で、8月といえば恒例の「アニバーサリーコンサート」(←クリックすると詳しい情報を表示します)を開催します。

期日はもちろん、つきだて花工房の創立日、8月8日です。

今年は「アイルランド そして イングランドの風に乗せて」と題して、チェンバロと笛のハーモニーをお楽しみいただきます。

笛を演奏するのは守安功さん。

お届けする笛の音はアイリッシュ・フルート、リコーダー、ホイッスル。

また、今回は守安さんが撮影したアイルランドの写真を、ご本人の解説と共にご覧いただくコーナーも設けました。

いろいろと初の試み満載のコンサート、ぜひご期待ください。

concert.jpg


そしてビッグなお知らせです。

つきだて花工房で「おかあさんといっしょ」のロケが行われました。

その放映はなんと!8月8日。

奇しくも花工房創立日&アニバーサリーコンサートの開催日です。

午前8時からの放送予定です。

ぜひ、NHK Eテレの「おかあさんといっしょ」をチェック!

web拍手 by FC2
初夏の一大イベント終了!
暑い暑い暑い…(と書いてるだけで暑くなってきますね、、、)

まるで真夏のような気温の中、「第5回モノ作りびとフェアinつきだて花工房」は無事終了いたしました。

イベント準備で右往左往しているうちにもう6月になっていて、このブログも月刊誌なみになってました。

ポピーもイベントに合わせたように満開に。

b14060201.jpg


バラもいい感じ…と思ったらもう散り始めた花も。

b14060202.jpg


びっしりと並んだクラフトブース、そして今まで以上のお客さま。

今回は史上最多の65店舗が出店。

いろんなお店を見て歩くのは楽しそうですが、なにぶん今回は暑すぎ…

b14060203.jpg

ま、でも無事に終了で、ホッと。。。


夕方には芝生の上もきれいに片付いて、いつもの静かな里山の夕暮れが拡がりました。

b14060204.jpg

(大きな声では言えませんが、ブログ主としてはこちらの風景の方が好きです)

web拍手 by FC2
出張うどんふるまい
大手製粉会社では販売しない小麦粉・蕎麦粉を「地粉」と言ったりします。

福島県では「きぬあずま」という小麦が県の推奨品種となっています。

用途はうどん。

近頃はやりのさぬき系のうどんとは異なり、もちもちした食感が特徴。

そして「地粉」ならではの黒さが独特です(これは製粉歩合にもよります)。

地元で栽培され、地元の小さな製粉所で挽かれた粉ならではの味わいを楽しめるのです。


そして地元のラジオ局。


ラジオというメディアは本当に生活に密着しています。

「ここでこんなイベントがあります」「猫が迷子になりました」

そんな情報が盛りだくさん。


福島にもいくつかラジオ局があります。


震災当日、オンエア中だったお二人のパーソナリティ。

立っていられないほどの揺れの中、冷静に、懸命に地震、津波からの避難を呼びかけていらっしゃいました。

そのお二人、深野健司アナと普天間かおりさんと今日はコラボすることができました。


地の小麦粉と地のラジオをつないだのは「よーこばっぱ」こと自然食料理研究家の本田洋子さん。

今年最初で最後の休日となった金曜日、「かっとびワイド」という番組でスタジオ見学にいらした方にうどんを振る舞う。

そんな企画のお手伝いをしました。


前日の仕込み。

よーこばっぱともうお一方の三人で3kgのうどんを打ちました。

b14032001.jpg

一人1kgの小麦粉をうどんに打つのはなかなかの作業量です。

でも前日に仕込んであんしんあんしん。


そして今日。

9時過ぎにラジオ局に到着、打合せなどをしてうどん打ち開始。

b14032002.jpg

よい手さばきですね。聞くと「そば打ちを習ったばかりなんです」とのこと。

b14032003.jpg

今日は「けんちんうどん」を振る舞うとのことで野菜も準備。

背の高い深野さんは腰を深く折り曲げて凍み豆腐を切るも、この直後に指まで切ってしまい退場…


「おいしいうどんになーれ」寝かせておいたうどんの玉を踏み踏みする普天間さん。

b14032004.jpg


そして本番。

今日はエントランスホールに見学のお客さんに入ってもらい、その前で伸しと切り、そしてゆでて振る舞います。

普天間さんお手製のうどんは釜揚げを醤油だれでサービス。

そして私たちが仕込んだうどんはけんちんで。

けんちんももちろん、この場で作ります。

b14032005.jpg

スタジオの深野さんと会話しながらうどんを切っております。


普天間さんお手製のうどんは量が少ないので一口ずつお客さまに召し上がっていただきました。

そして私はこのあたりで裏方へ回って昨日打ったうどんの仕上げに。

作業をしていた場所にも本番の音声が流れていて、会場の雰囲気も手に取るように分かりました。

そして終了。


戻ってきた普天間さん、深野さん、そして関わったスタッフの皆さんも「大好評でした!」「よかった!」

ほっと安堵した瞬間でした。

b14032007.jpg

最後にみんなで記念写真。「お疲れ様でしたー」


みんなが忙しいだけに地粉でうどんを打つのはなかなか難しいかもしれません。

でもこうやってみんなでワイワイいいながらうどんを打つ時間は楽しいものです。

スタジオにいらした皆さんにも、そんな楽しさ、少しでも伝わったでしょうか。


そして、ラジオにしても地粉にしても「地元に密着」しているもの。

ラジオを通じてリスナーの方同士のつながりも生まれています。

「みんなをつなぐもの」

ラジオと地粉の共通点を見つけたような気がします。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。