プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
双方の痛み
遅れていた春の花木が一斉に咲き始めました。

梅、レンギョウ、ユキヤナギ、桜、ヤマツツジ・・・今年は例年にない景色が広がっています。

もうすぐ桃も咲くと「三春」が実現するかも?


ご存知とは思いますが、ここの直売所「やさい工房」は原発事故後、大きく売上が落ちました。

昨日、今日と、東電への賠償請求相談会が開かれました。

この時期で言えば花ワサビや山菜など、去年はもちろんのこと、今年も出荷できない、出荷可能かどうかわからない状況です。

花わさび

収穫されることのない花ワサビが白い花を咲かせています。

例年なら花が咲く前に収穫されるので、こんな光景は見られないのですが。


東電の相談員の皆さんはひたすら平身低頭、二言目には「すみません」「ご迷惑おかけします」と。

その心労を思うと、こちらまで胃が痛くなりそうでした。


もちろん、作付・収穫したくてもできない、しても売れない農家の皆さんの思いもとても重いものです。

かと言って、「東電社員」だからといって無条件に責められていいものでもありません。


相談に来たある生産者は「私の思いを聞いてほしい」と、自宅でとれたシイタケと花わさびを持参しました。

終わったあと、その人は「しっかり話を聞いてもらった。来てよかった」と帰って行きました。


原発再稼働が話題になる昨今。

こんな思いをする人がこれ以上増えないよう、慎重に判断してほしいものです。




つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
04/24のツイートまとめ
tsukihanako

IEがいつの間にか9になっていた件(しかも起動早いし)
04-24 17:57

@themeofTBH おぉっ、ありがとうございます。(このまとめは見たなんて今さら言えない ボソ)
04-24 17:11

内海桂子師匠がTwitterをやっておられるとは(;゚д゚)
04-24 16:23

紫木蓮の花ひらひらと http://t.co/qA0nzaL5
04-24 16:14

@tjgonta ゴン太さんの温かい気持ちがきれいに咲き始めました。ありがとうございます(^^)/ http://t.co/ttsH8qHB
04-24 16:09

どこですか?RT @themeofTBH: わかめさん、まとめデビューしてたのか。気が付かなかったな。
04-24 15:59

うららかな春の日。ようやく桜も咲いて。 http://t.co/FXkI9qZy
04-24 15:20

@shosta5 ざんねん、休みならお手伝いにいくのに(棒)
04-24 13:42

スマホを持ったら必要文書を全てクラウドにおきたい衝動に駆られる。。。
04-24 10:43


web拍手 by FC2
春の味・あれこれ
今日のソラノカタチ。

20120411_082257.jpg

芝生はまだ冬の色。

ところどころ生えている雑草はすっかり春らしく、青々しているのですが(^^;)


春といえば、アサツキの次はクキタチ菜。

アブラナ科の、トウ立ちした茎と花蕾を食用にするものをこのへんではクキタチと総称しています。

基本はおひたし。

うまく茹でると、茎の部分のコリコリとした食感と、微かにほろ苦い花蕾が癖になる味。

炒めものもおいしいです。


さて、茎は太いものと細いもの、どちらがおいしいでしょう?

答えは太いもの。

太いと硬そうに感じますが、実際に筋張っているのは細いもの。

春一番に伸びる太い茎は見た目に反して歯切れ良く、甘みもあっておいしい。

細いのは脇芽として伸びてくるもの。2番、3番と遅く収穫したものほど、細く、筋張ってきます。

もちろん、花が咲くと太い茎でも硬くなります。


フキノトウは一部の地域で出荷制限になりました。

一度に、おそらく数十グラム程度しか食べないものだし、毎日食べ続けるものでもないのに。

それでも決まりは決まり。販売はできません。


昨秋蒔いた菜の花もだいぶ花茎を伸ばして、蕾も色づいて。

20120411_082054.jpg





つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村




web拍手 by FC2
朗読劇「セロ弾きのゴーシュ」開催しました
震災・原発事故以来、「福島のためになにかしたい」という方が大勢いらっしゃっています。

今日、ここで朗読劇「セロ弾きのゴーシュ」を上演してくださったみなさんもそうです。


俳優の内木英二さん、阿部眞弓さん、そして本物のチェロ奏者の竹林良(まこと)さん。スタッフのみなさん。

竹林さんは花工房恒例のチェンバロコンサートでおなじみ。

その竹林さんとお友達だったのが内木さん。そんなご縁で今回の劇が実現しました。

オープニングは花工房朗読会でもお馴染みのつきだて花工房リーディングアラウドの会の皆さん。

よだかの星

朗読もすっかり板についています。

もちろん、それは練習の賜物。昨日も一所懸命練習されていました。


そして東京フィルのフォアシュピーラーも務めた竹林さん演じる「セロ弾きのゴーシュ」。

役のためにメガネまで変えて、すっかりゴーシュになりきっています。

ゴーシュ

(太鼓の練習のために子ダヌキにセロを弾いてやっているゴーシュ)

ゴーシュ

(チェロの中に子ネズミを入れて病気を治してやるゴーシュ)

大きな内木さんがネズミを演じているのが、これまたコミカル。

そして舞台の上を所狭しとかけずり回る。

客席からは笑い声が。


いつも朗読会とは違って、「演劇」と言ってもいいかもしれません。

月舘の里山に、いつもとは違う風が吹いたような気がしたひとときでした。




つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
新たな始まり
今日は4月1日。新年度の始まりです。

思えば去年の4月1日はスタッフの集合写真を掲載しました。

今からすれば結構空間線量も高かったような・・・


今年の遅い春はようやくあちこちに姿を見せ始めました。

サンシュユ

サンシュユの花がようやく鮮やかな黄色に色づいて来ました。

まもなく、水仙やレンギョウの黄色、それにたんぽぽも。里山は春に包まれます。


先日の新聞はちょっとショックでした。

ここ月舘で生産された23年度米は全量買い上げられ、焼却処分・・・

また、24年度は月舘地区の一部で米の作付ができなくなりました。

昨年度の轍を踏むことのないようにという配慮でしょう。

また、作付する田んぼでも放射性セシウムを吸着すると言われるゼオライトや、稲が放射性セシウムを吸収するのを阻害する効果を狙ってカリ肥料の散布を全面的に実施するとのこと。

田んぼにはこんな票が。

作付制限

有効と考えられる様々な対策を講じて、数値で証明できるのがベスト。

風評被害はまた別物ですが・・・


今日から食品の放射性物質の基準値が厳格されます。

一般食品は100Bq/kg。

低いに越したことはないのでしょうが。




つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。