プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
4/28のフィールドノオト
山々がようやく色づき始めました。

さまざまな色の緑に桜の淡い紅色。

足元にはいろいろな野草。

今日は一緒に花工房の散策路を廻ってみましょう。


まずはエントランスの花壇。

晩秋、いや初冬に植えたパンジーやビオラが株いっぱいに花を咲かせ始めました。
DSC_0002.jpg

それでは散策路に入ります。

ヤマツツジの、早い群落が咲き始めました。バックは山桜です。
DSC_0005.jpg

こちらのヤマツツジはまだまだ。落葉樹の柔らかい緑色は日毎に色を増していきます。
DSC_0008.jpg

ツアーにご参加頂いた方だけにこっそりお教えしますね。これが山菜のコシアブラ。香り高く天ぷらに再興です♪
DSC_0013.jpg

生まれる命があれば朽ちていく命も。松枯れ病はこの山でも深刻です。
DSC_0016.jpg
右の2本は完全に枯れています。強い風が吹けば倒れてしまうかも。

近くの木にはきっとすでに感染っているに違いありません。


杉林の林縁には夏の花がスタンバイ。
DSC_0025.jpg
姿が見えずともその香りで存在をしらしめる。夏にまた会いに来ましょう。

イカリソウは地味ながら、里山のレギュラーです。
DSC_0028.jpg

コゴミ、タラノメ、フキ…眼下に広がる窪には様々な山菜が自生しています。
DSC_0029.jpg

これも年配の方には懐かしいかも。山へ行くときは塩を持って行き、これにつけて食べたという話をよく聞きます。
イタドリ。スカンポとも。
DSC_0030.jpg

これはツルニンジン。キキョウの仲間です。残念ながら、花はまだ見たことがありません。
DSC_0038.jpg

フキノトウ畑はフキ畑になっていました。
DSC_0044.jpg

震災前にはスタッフ自ら、シイタケ栽培に乗り出していました。

原木栽培のシイタケは炭火で炙ると絶品なんです!が...
DSC_0049.jpg

気を取り直して。


木々が葉を広げ始めた森の中の道は燦々と太陽光が降り注ぎます。ここからは下り。
DSC_0051.jpg

畑に出ました。この畑は「ノラ学校」という体験プログラムで、会員の方が耕作しているんです。

通路にはタンポポの花。これ、今では珍しくなった在来種なんですよ。
DSC_0059.jpg

畑ではソラマメが花を咲かせ始めました。サヤごと焼くと絶品です。
DSC_0061.jpg

枝垂れ桃の濃い紅の花は独特の柔らかさ。
DSC_0068.jpg
一応、実はつけるんですが食べられません。

その桃の花の向かい側では八重桜が満開です。
DSC_0081.jpg
桜茶にはこの八重桜の蕾を使うと聞いたことがありますが、今はどうなんでしょうか?

このシックな花、なんだかわかりますか?
DSC_0091.jpg
アケビです。地味というより、シックじゃありませんか?

あ、ラッキーですね!環水平アークですよ。ハロも。
DSC_0076.jpg
DSC_0116.jpg
なんかいいことあるかもしれません♪

最後はハナカイドウ。バックの山桜の紅との対比が綺麗です。
DSC_0125.jpg

散策路一周、ゆっくりと廻って約2時間。お疲れ様でした。

この時期の里山は日々色を変えていきます。

この次にご案内するとき、里山はどんな表情を見せてくれるでしょうか。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
女神山-カタクリに会いに
月舘と川俣にまたがる山-女神山。

ここはこの地域に養蚕、製糸、機織を伝えたといわれる小手姫様が祀られた里山です。

今日はその女神山に登って来ました。


参加者は13名様。山歩きに慣れた方からそうでない方まで。

もちろん、そうでない方に合わせてゆっくり登りました。


月舘側からのルートは1つですが、登り口としては3つのポイントがあります。今回は一番下のポイントから。

途中、これも養蚕の神様「月の宮神社」を過ぎ、桑畑の中を通りながらの山道です。

一番上のポイント、七つ森林道からは急で大小の石がゴロゴロした道になります。


風が強く、寒かった昨日とは打って変わり、暑からず寒からずの山歩き日和。

途中の休憩所では安達太良、吾妻連峰も望めます。
b13042001.jpg

息を切らしながら山頂付近へ。そこにはカタクリの花が待っていてくれました。
b13042002.jpg

そこからすぐの山頂でお弁当。お菓子のやり取りもあって、知らない人同士も和気あいあいのひととき。
b13042003.jpg

このあとは「女神山」の標識のまわりに集まって記念撮影。

疲れも忘れてとびきりの笑顔がはじけました。

img13042001.jpg

山頂のコブシもまだまだ見頃でした。


さて、肝心のカタクリは...
カタクリ
これは下見のときに写したものですが、こんな感じで可憐な花を咲かせていました。

「また秋も来たいね」そんな声も聞かれた、うれしい一日になりました。

web拍手 by FC2
4/12のフィールドノオト
来月の下旬にここ花工房で開催する「第4回モノ作りびとフェアinつきだて花工房」。

チラシとポスターが出来上がったので、いろいろな施設においていただいています。

今日は二本松方面へ足を伸ばしてきました。


運転していても民家の庭先だけでなく、山の中にも薄桃色の桜がチラホラ。

レンギョウや菜の花の黄色、白い梅の花との取り合わせはなんとも言えません。

ついつい目が行ってしまい、真っ直ぐ前を向いて運転するのが大変なほどです。


おじゃました桜の郷(「道の駅」になりました)の近くには「合戦場の枝垂れ桜」があります。

13041202.jpg

今日の時点はまだ咲き始めくらいでしょうか。それでも木全体が薄紅色に色づき、開花への期待感が高まります。

周囲の土手にはこれも咲き始めの菜の花。両方が満開になると素晴らしい景色になります。

この桜だけでなく、この辺りには桜の木が多いので楽しみです。


次はつい先日オープンしたばかりの道の駅安達・下り線へ。

以前は上り線にしか道の駅がありませんでした。その頃から気になっていて桜があります。

万燈桜。ついこの間その名前を知りました。

13041203.jpg

こちらはほぼ満開でしょうか。木をバックに記念写真を取る人も多く。


さて、桜ではありませんが、月舘の名木をご紹介しましょう。

その名は「天王山のコブシ」。山の頂付近にある大きなコブシの木です。

道路から少し引っ込んだところにあるので、知らないと素通りしてしまうでしょう。

13041201.jpg

この写真だとわかりづらいですね。今日は満開でした。

周辺は地域の方が力を合わせて遊歩道を整備しています。

花工房からは歩くとちょっと距離がありますが、お散歩がてら名木見物などいかがでしょうか。

ちなみに、近くの熊野神社の桜もキレイですよ。

web拍手 by FC2
フィールドノート
天気はいいのに暴風の吹き荒れる一日。トラックが横転したり電車が止まったり。

冬から春にかけて風の強い日は多いのですが、今年はなんだかそんな日が多く、しかも風の強さがいつも以上のように思います。

それでも日差しに誘われて散策路を歩いて来ました。


花工房で今一番に花盛りを迎えているのはレンギョウです。いたるところでこの黄色が目につきます。
b13040811.jpg

桜もチラホラ咲き始めました。
b13040807.jpg

花だけでなく若葉も芽吹き始めています。

桜の季節、楽しみはやはりお花見。お花見といえば「ウコギご飯」です。
b13040810.jpg
まだ摘み取るほどの大きさにはなっていませんが。

他の山菜たちは...
b13040804.jpg
フキノトウは育ち過ぎちゃいました。でも伸びた花茎はフキと同じように食べられます。

b13040802.jpg
ちょっとグロテスクなこれはコゴミ。緑色が覗いています。

b13040805.jpg
タラノメもやっと新芽が覗き始めたところ。食べごろはいつ?

先日咲きはじめたショウジョウバカマはすくすくと花茎を伸ばしていました。
b13040801.jpg

土手にはツクシ。下ごしらえは面倒ですが、キンピラは美味しいんですよね。
b13040808.jpg

なんだか食べ物ネタばかりに...

梅雨時に甘い実をつけるジューンベリーも花がスタンバイ。
b13040809.jpg

「食べられるかどうか、食べるかどうか」はさておき、季節はめぐり、自然は季節に寄り添ってうつろいます。

今しか感じられない音、匂い、空気...

ちょっと外を歩いて見ませんか?

web拍手 by FC2
花だより
そうこうしているうちにいつの間にか新年度です。

相変わらず更新が滞っております。申し訳ありません。。。。。


月舘もようやく暖かくなって来ました。

暖かくなると外へ行きたくなるのは人情。そとをウロウロしてみたら結構いろいろな花が咲き始めていましたのでご紹介しましょう。


まずはコブシ。
b13040401.jpg

お、桜も咲き始めてました。
b13040402.jpg

けれど今の主役はこちら、レンギョウ。散策しているとあちこちで目にします。
b13040403.jpg

今度は地面をクローズアップ。ここには在来種のタンポポも自生しています。
b13040404.jpg

これはショウジョウバカマ。咲きはじめたばかり。
b13040405.jpg

シックな色はスミレ。スミレにはいろいろな種類があります。これは...?
b13040406.jpg

最後はシュンラン。このあたりでは「ジジババ」とも呼ばれます。花はおひたしにも。
b13040407.jpg

これからは咲く花の種類もすこしずつ増えていくことでしょう。

また見つけたらご紹介しますね。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。