FC2ブログ
プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
シンボル・フラワー
月舘のシンボルであるヤマユリが咲き始めました。

110723.jpg

散策路を歩いていると、遠くからでもその芳香が漂ってきて「どこかで咲いている」のがわかります。


シンボルとはいえ、様々な要因で野生(?)のヤマユリは減りつつあります。
たとえばイノシシによる食害。ここ十年くらいでめっぽう増えたイノシシが、球根を掘り起こして食べてしまうのです。機械による除草が圧倒的に増えたことも原因かも。選択的に行っていた除草も、機械で皆伐してしまうのでは?

もちろん2本足のイノシシ=人間による乱獲も大問題。他の山野草や山菜、きのこ類と同様、特に外部からやってくる人は根こそぎ持って行ってしまう傾向にあるようで、ヤマユリもご多分に漏れずその犠牲に。


そこでこの原発事故による放射能汚染がどう影響するのか?これによって田舎といわれる地域は時計が今までより速く進んだのは間違いありません。子供を中心とする若年層が土地を離れ、休耕地が増える。汚染された里山を手入れする人は激減して、一層山が荒れる。イノシシは増える。耕作をやる気がなくなる・・・悪循環。


ヤマユリや山菜、きのこ・・・豊富な山の幸をはぐくんできた里山が原野に戻るのは、どうしようもないのでしょうか?
スポンサーサイト




web拍手 by FC2
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する