FC2ブログ
プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
自然卵
交流館もりもりの直売所「やさい工房」ではちょっと前から卵が出品されています。

それまでは畑や田んぼでとれた野菜や穀物ばかりだった売り場に、卵はとてもいい感じです。

自然卵

この卵は生産者の方がかなりこだわって作っています。

本当は「作っている」といういい方にはちょっと抵抗があって、野菜や穀物にしてもそれ自身が「生きよう」というお手伝いを人間がしているだけ。そんな思いがありますが。


さて卵。


最近スーパーでも見かける、いわゆる「赤玉」です。お値段はスーパーよりだいぶお高いです。

それには理由があります。

スーパーで廉価で販売している卵はいわば「工場」で作った量産品。集卵(産み落とされた卵を集める)も自動のところもあるほど。

大きな鶏舎の中は高層構造になっていて、鶏1羽あたりの専有面積はごく狭く身動きもままならないほど。

そんな環境では感染性の病気はあっという間に蔓延するので、薬剤の投与は当たり前。

それでもとてもローコスト。私たちはその恩恵にあずかっています。


いっぽう、この卵。前述の方式の全く逆を考えていただければいいと思います。

鶏たちはすべて地面の上で暮らし、薬剤使用もなし。

エサは生産者手作り。無添加です。


この卵の最大の特色は黄身が「黄色い」こと。それはとてもさわやかなレモンイエローです。

黄身は一般的に色が濃い=オレンジ色に近いほうが栄養価が高いように思われていますが、実は餌の成分が関係しているとのこと。

殻の色も「白より赤」のように感じますが、実際は鶏の品種の違い。

それからこの卵、有精卵ではありません。有精卵だとすぐにヒヨコへと・・・。


もちろん、卵かけごはんや卵焼きもいいのですが、このレモンイエローの黄身を活かしてパウンドケーキ、シフォンケーキなどお菓子作りはいかがでしょう?

腕に自信のある方、試してみませんか?(試食のお手伝いはいつでもしますよ~)




つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




web拍手 by FC2
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する