プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
双方の痛み
遅れていた春の花木が一斉に咲き始めました。

梅、レンギョウ、ユキヤナギ、桜、ヤマツツジ・・・今年は例年にない景色が広がっています。

もうすぐ桃も咲くと「三春」が実現するかも?


ご存知とは思いますが、ここの直売所「やさい工房」は原発事故後、大きく売上が落ちました。

昨日、今日と、東電への賠償請求相談会が開かれました。

この時期で言えば花ワサビや山菜など、去年はもちろんのこと、今年も出荷できない、出荷可能かどうかわからない状況です。

花わさび

収穫されることのない花ワサビが白い花を咲かせています。

例年なら花が咲く前に収穫されるので、こんな光景は見られないのですが。


東電の相談員の皆さんはひたすら平身低頭、二言目には「すみません」「ご迷惑おかけします」と。

その心労を思うと、こちらまで胃が痛くなりそうでした。


もちろん、作付・収穫したくてもできない、しても売れない農家の皆さんの思いもとても重いものです。

かと言って、「東電社員」だからといって無条件に責められていいものでもありません。


相談に来たある生産者は「私の思いを聞いてほしい」と、自宅でとれたシイタケと花わさびを持参しました。

終わったあと、その人は「しっかり話を聞いてもらった。来てよかった」と帰って行きました。


原発再稼働が話題になる昨今。

こんな思いをする人がこれ以上増えないよう、慎重に判断してほしいものです。




つきだて花工房blog花々日記をご訪問いただき、ありがとうございます。
あなたの1クリックが活力になります。決して悪さはいたしません(笑)。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。