プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
放射能の「モノサシ」
今年は雪が多くて大変です。

駐車場を始め広い敷地を除雪するのは骨が折れます。もっとも除雪車があるのですが。

b130124.jpg


個人的な話になりますが、県民健康管理調査の結果が届きました。


2011年3月11日から7月11日までの4ヶ月間の被ばく線量は 1.2mSv とのことでした。


私の場合、この時期は頻繁にこのブログを更新していたため、おおよその行動を思い出すことができました。
(それでもあとから「違った!」ということもありましたが)

自家野菜を食べ、ガソリンを惜しんで自転車通勤し、外で作業もしたのですが、上記のような結果でした。


これは私にしたら「思ったよりもかなり低い」数値です。正直、2ケタを覚悟していたのですが。

もっとも2ケタだったにしろ、4ヶ月間という長期間ですし問題はないと思っています。


今回送られてきた通知にはこの値の「意味」は記載されていません。

この値は高いのか低いのか、危険なのか危険でないのか。


「シーベルト」(あるいはグレイ)「ベクレル」、今まで目にしたこともなかった単位が現在、日々新聞でラジオで、使われています。

1cmという長さ、1gという重さは経験上、「だいたいこのぐらい」というのが感覚としてつかめますし、視覚でも認識出来ます。

しかし「1mSv」「1Bq」は目に見えず、実感することもなかなか難しい。


いまのところ、放射線量への意味付けは受け取る人によって様々です。

1mSvに「え?そんなに高いの?」という人もいれば「大したことないね」という人もいる。

「相場」みたいなもののコンセンサスがある程度とれるようになるには、まだまだ時間がかかるのでしょう。

放射能の「モノサシ」はこれから少しずつ作っていくしかないのです。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。