プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
4/28のフィールドノオト
山々がようやく色づき始めました。

さまざまな色の緑に桜の淡い紅色。

足元にはいろいろな野草。

今日は一緒に花工房の散策路を廻ってみましょう。


まずはエントランスの花壇。

晩秋、いや初冬に植えたパンジーやビオラが株いっぱいに花を咲かせ始めました。
DSC_0002.jpg

それでは散策路に入ります。

ヤマツツジの、早い群落が咲き始めました。バックは山桜です。
DSC_0005.jpg

こちらのヤマツツジはまだまだ。落葉樹の柔らかい緑色は日毎に色を増していきます。
DSC_0008.jpg

ツアーにご参加頂いた方だけにこっそりお教えしますね。これが山菜のコシアブラ。香り高く天ぷらに再興です♪
DSC_0013.jpg

生まれる命があれば朽ちていく命も。松枯れ病はこの山でも深刻です。
DSC_0016.jpg
右の2本は完全に枯れています。強い風が吹けば倒れてしまうかも。

近くの木にはきっとすでに感染っているに違いありません。


杉林の林縁には夏の花がスタンバイ。
DSC_0025.jpg
姿が見えずともその香りで存在をしらしめる。夏にまた会いに来ましょう。

イカリソウは地味ながら、里山のレギュラーです。
DSC_0028.jpg

コゴミ、タラノメ、フキ…眼下に広がる窪には様々な山菜が自生しています。
DSC_0029.jpg

これも年配の方には懐かしいかも。山へ行くときは塩を持って行き、これにつけて食べたという話をよく聞きます。
イタドリ。スカンポとも。
DSC_0030.jpg

これはツルニンジン。キキョウの仲間です。残念ながら、花はまだ見たことがありません。
DSC_0038.jpg

フキノトウ畑はフキ畑になっていました。
DSC_0044.jpg

震災前にはスタッフ自ら、シイタケ栽培に乗り出していました。

原木栽培のシイタケは炭火で炙ると絶品なんです!が...
DSC_0049.jpg

気を取り直して。


木々が葉を広げ始めた森の中の道は燦々と太陽光が降り注ぎます。ここからは下り。
DSC_0051.jpg

畑に出ました。この畑は「ノラ学校」という体験プログラムで、会員の方が耕作しているんです。

通路にはタンポポの花。これ、今では珍しくなった在来種なんですよ。
DSC_0059.jpg

畑ではソラマメが花を咲かせ始めました。サヤごと焼くと絶品です。
DSC_0061.jpg

枝垂れ桃の濃い紅の花は独特の柔らかさ。
DSC_0068.jpg
一応、実はつけるんですが食べられません。

その桃の花の向かい側では八重桜が満開です。
DSC_0081.jpg
桜茶にはこの八重桜の蕾を使うと聞いたことがありますが、今はどうなんでしょうか?

このシックな花、なんだかわかりますか?
DSC_0091.jpg
アケビです。地味というより、シックじゃありませんか?

あ、ラッキーですね!環水平アークですよ。ハロも。
DSC_0076.jpg
DSC_0116.jpg
なんかいいことあるかもしれません♪

最後はハナカイドウ。バックの山桜の紅との対比が綺麗です。
DSC_0125.jpg

散策路一周、ゆっくりと廻って約2時間。お疲れ様でした。

この時期の里山は日々色を変えていきます。

この次にご案内するとき、里山はどんな表情を見せてくれるでしょうか。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。