プロフィール

花工房

Author:花工房
「体験できる宿」つきだて花工房の裏舞台から表舞台まで(逆では?)お見せしちゃいます。里山を舞台に繰り広げられる、田舎暮らしに役立つ(?)、おいしい(?)、楽しい(?)日々。
Twitterアカウント @tsukihanako

Blogランキング参加中です。1クリックにご協力願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

花々日記
田舎体験・里山体験のできる宿-つきだて花工房スタッフがお送りする裏情報?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
たまには土の上で。
月舘には多くの桃畑が点在しています。

この時期、このあたりを通る自動車の窓からは赤く色づいた桃を見ることが出来ます。

ただ、自動車に乗ったままでは見えないもの、感じることができないものも多いのは確か。


今日は町内の桃農家さんを訪問してきました。

じりじりと太陽が照りつける中、車を降りると赤い実をたわわにつけた桃の木が目に飛び込んできます。

t13081901.jpg

そして自動車で通り過ぎるだけでは決して感じることのできない「香り」。

桃の甘い香りがあたりに漂っています。


下に敷かれた銀色のシートは桃の実の下からも光を当ててまんべんなく色づけするためのもの。

反射率が高いので照り返しはもちろん、とても強いです。そんな場所で農家さんは作業をしています。


「今日は袋取りしてっから」電話で伺ったときは意味がよく分からなかったのですが、着いてみてわかりました。

桃は実を害虫や悪天候から守るために袋をかけます。(こんな感じ)

t13081903.jpg

この袋を除去する作業をなさってました。

こちらが使用後…じゃない作業後の写真。

t13081902.jpg

深窓の令嬢といった雰囲気でしょうか。「ほっかむり」しているようでもありますが…

このあとどんどん実が大きく、赤くなっていくわけです。目指すは…

t13081904.jpg

まもなく出荷を迎える川中島(最初の写真も)。

ちなみにまだ袋がかかっているさきほどの桃は彼岸白桃で、9月10日頃から出荷とのことでした。


こちらの農家ではあかつきから始まり、10月出荷の極晩生のものまで両の手に余るほどの品種を育てていらっしゃいます。

剪定、摘花、摘蕾、摘果、防除…膨大な手間をかけて大切に育てられます。

こちらは4月中旬。

t13081905.jpg


車を降りて畑に立たないと、農家さんと話さないと分からないこと…たくさんあります。

原発事故、TPP、天候不順…農をめぐる問題は様々です。

土の上から考えてみることも必要ではないでしょうか。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。